logo.png

〒981-3685 宮城県黒川郡大和町吉岡字東柴崎62番地
tel 022-345-2171 fax 022-345-2172
学校代表 e-mail:email.png
学校へのアクセスはこちら

 

HOME > 学校について

校章・校訓・校歌

校 章

kousyou2[1].gif 現在の校章は,昭和23年4月,農学校から現在の黒川高等学校に改称された時に新たに制定されたもので,郷土のシンボル七ツ森をデザインしたものです。
 周りに六つの峰を配し,一つは高等学校の高の字の上に置かれています。
 「郷土愛に根ざした教育」が聳(そび)えた七ツ森のように高い理想であることを象徴しています。


校 訓

koukun[1].gif黒川高校では,これからの様々なニーズに応えられるような人間を育てるため,
「公正」「友愛」「開拓」
を校訓として掲げております。
(図はイメージです)


校 歌

    作詞 扇畑 忠雄  作曲 福井 文彦   LinkIcon校歌を聴く


さやかに晴るる山幾重
稜線永遠のしずもりに
つどいて三年朝夕の
やさしきすがた七つ森
ここに学びて春秋の
生命かぐわしわれらが生命


ゆく水清き高野原
漲る流れ一すじに
理想は白き激ちなす
先がけゆかん新時代
ここに学びて春秋の
自由尊しわれらが自由


険しき道も平らけく
携えゆかんすこやかに
母なる土を踏みしめて
あこがれ遠き地平線
ここに学びて春秋の
世界うつくしわれらが世界


真理の光かかぐべし
緑の靡く朝光に
平和の民と生い立ちて
常若のそのわが母校
ここに学びて春秋の
誇りたたえよわれらが誇り

H26kouka.jpg
(画像クリックで拡大表示)
ダウンロード→黒川高校高歌

教育目標                            

 「公正」・「友愛」・「開拓」を校是とし,勤労を重んずる自主的な実践力と誠実に責任を果たす態度を養い,健康で健全な判断力と社会性を兼ね備えた情緒豊かな人格を育成する。

基本理念

1 学校校是の具現化に向かって,創立以来112年の歴史と伝統を継承し,教職員が一体となって魅力ある学校づくり,人づくりに取り組む。
2 生徒が明るく,元気に,生きがいを持って活動できるような教育環境を整備し,常に教育活動(学習指導,生徒指導,進路指導等)の質向上に努める。
3 教職員は教育公務員としての高度な職業倫理を保持し,専門的能力の向上に努める。

教育活動の特記事項           

〈生徒指導〉

 ・ 「黒高マイスクール宣言」のもと,「あいさつの励行」,「高校生としてふさわしい服装・頭髪」,「時間の厳守」など,全職員で基本的生活態度の定着と規範意識の徹底を図る。また,授業環境の整備にも努める。
 ・ 交通安全指導の徹底により,交通マナーの向上に努める。

〈学習指導〉

 ・ 学校生活の中では,まず授業が第一であるという意識のもと,その確保に努め,「授業はゆずれない」の精神でベル即授業を徹底する。
 ・ 生徒が活動する場面や考える場面を増やし,発信力(自分の意見を持ち,物怖じしないで表現する力)を高める授業を工夫する。
 ・ 校内研修会や授業評価等を通じて教員の授業力の向上を図る。

〈進路指導〉

 ・ 1年次から計画的にガイダンスを実施し,様々な視点から進路を考えられるよう系統的な進路学習を進めていく。
 ・ 大学進学を目指す生徒に対する進学指導をきめ細かく行っていく。また,より社会的評価の高い資格やスキルを取得できるよう支援する。
 ・ ジュニア・インターンシップ等の社会体験活動への取組を充実させ,その事前・事後指導を計画的に行い,成果をより充実したものにする。

〈環境教育〉

 ・ 環境の保全に配慮した望ましい働きかけのできる技能や思考力,判断力を身に付け,環境への責任ある行動をとることができる態度を育成する。 
 ・ 環境教育プロジェクトの活動を通して生徒・教職員の環境への意識を高め,環境活動における地域社会のリーダー的な役割を担っていく。

〈特別活動等〉

 ・ 部活動,生徒会活動,HR活動,委員会活動をさらに活性化させ,学校行事等を充実させる。
 ・ スクールカウンセラーとの連携を強化し,教育相談を充実させる。
 ・ 学校だよりの発行とHPの充実を図り,教育活動の地域への発信に努める。
 ・ 地域の小・中学校や企業などと連携し,出前授業,ボランティア活動,インターンシップ,協同研究などを充実させる。
 ・ あらゆる活動を通して生徒の発信力の育成に努め,付加価値を高める。

〈学校いじめ防止基本方針〉

 ・ 黒川高校 学校いじめ防止基本方針1
 ・ 黒川高校 学校いじめ防止基本方針2
 ・ 黒川高校 学校いじめ防止基本方針3
 ・ 黒川高校 学校いじめ防止基本方針4

カリキュラムについて

H28年教育課程方

授業時程

※臨時の日程では,下記の時程で行われないことがあります

平時時程

8:40~ 8:50

SHR

8:55~ 9:45 1校時
9:55~10:45 2校時
10:55~11:45 3校時
11:55~12:45 4校時
12:45~13:30 昼休み
13:30~14:20 5校時
14:30~15:20 6校時
15:20~ 清掃・SHR

短縮(45分授業)時程

8:40~ 8:50

SHR

8:55~ 9:40
1校時
9:50~10:35
2校時
10:45~11:30
3校時
11:40~12:25
4校時
12:25~13:10
昼休み
13:10~13:55
5校時
14:05~14:50
6校時
14:50~
清掃・SHR

 

8:40~ 8:50

定期考査時程

8:40~ 8:50

SHR

9:00~ 9:50
1校時
10:05~10:55
2校時
11:10~12:00
3校時

 

8:40~ 8:50

沿革

年・月・日 概  要 
明治34年1月26日

設立認可

乙種農学校に関する規定に基づき,修業年限2年,別科6ケ月,生徒定員本科120名,別科40名収容 

明治34年4月23日 開校,黒川農学校と称し本校を吉岡字下町旧備荒倉に,分校を拍川村大谷尋常高等小学校内に設置
明治34年5月 文部省令第11号により郡立黒川農学校と改称
明治35年4月 分校を粕川村字稲荷堂に移す
明治36年6月 校則改正,本科修業年限3年,生徒定員を180名に増加
明治39年3月 粕川分校廃止,同時に生徒定員90名,別科20名に減少
明治42年4月 校地を吉岡町柴崎に定める 
大正11年3月21日 県移管,宮城県黒川農学校と改称し生徒定員を150名とする 
昭和15年11月24日 創立40周年記念式典挙行
昭和19年4月 生徒定員300名に増加
昭和23年4月1日 学校改革により宮城県黒川高等学校と改称し普通科を併設
昭和23年7月1日 定時制課程設置,中心校の他,富谷,大谷,大松沢に分校設置
昭和24年4月1日

普通科B類を家政科に改称

大衡村,宮床村に分校設置

昭和26年10月9日 新校舎建築落成及び創立50周年記念式典挙行
昭和31年4月 定時制分校統廃合一大衡分校を中心校に統合,大谷・大松沢両分校合併し大郷分校と改称,宮床分校募集停止
昭和34年4月1日 家政科1学級増設
昭和35年4月1日 中心校に普通課程設置,農業課程募集停止
昭和36年4月1日 農業科2組の内,1組を農業機械コースに教育課程変更
昭和36年4月 県教委研究指定校「カウンセリングについて」(38年10月発表)
昭和36年11月2日 創立60周年記念式典挙行
昭和38年4月1日  農業土木科設置
昭和39年2月29日 校旗制定(同窓会寄贈)
昭和42年4月1日 普通科1学級増,2学級になる 
昭和44年4月  入学生より農業科教育課程一本化に改訂
昭和45年4月 大郷分校1学級増 
昭和46年3月 校地(運動場)造成工事竣工(28,000㎡)
昭和46年7月27日 水泳プール完成
昭和46年10月29日 創立70周年記念式典挙行
昭和47年4月  農業科男女募集
昭和49年3月25日 北校舎竣工
昭和50年5月31日 南校舎竣工
昭和50年6月25日 新校舎に移転
昭和50年10月24日  新校舎落成記念式典挙行 
昭和54年4月 農業科に推薦入学制度導入 
昭和56年10月16日 創立80周年記念式典挙行 
昭和60年4月1日 農業土木科に推薦入学制度導入
昭和62年4月1日 家政科に推薦入学制度導入
平成3年4月

農業科,農業土木科,家政科の募集停止

普通科1学級増で3学級に

農業経営科1学級・環境工学科1学級・電子機械科2学級を設置 

平成3年9月26日 七蜂会館竣工
平成3年10月9日 創立90周年・七峰会館落成記念式典挙行
平成4年7月3日 総合実習棟竣工
平成6年4月1日 普通科に推薦入学制度導入
平成7年6月8日 体育館竣工
平城8年10月2日 体育館等落成記念式典(他に,校門・通用門・部室・自転車置場・テニスコート) 
平成13年10月31日 創立100周年記念式典 
平成14年4月1日 普通科1学級減,環境工学科を土木科に科名変更 
平成17年3月28日 校内LAN整備工事
平成17年7月20日 農機具実習室解体 
平成17年10月12日 土壌土質実験室耐震補強工事竣工
平成18年3月30日 第二農場施設解体
平成19年3月8日 バックネット解体及び防球ネット新設
平成19年3月30日 校舎大規模改造工事第1期竣工
平成19年4月 大郷校生徒募集停止
平成20年1月31日 校舎大規模改造工事第Ⅱ期竣工
平成20年3月31日 大郷校閉校、みちのく環境管理規格(EMS)認証
平成21年4月1日 産業人材育成重点化モデル事業指定(21~23年度)
平成22年4月1日 農業経営科と電子機械科を募集停止、機械科と電子工学科を新設、土木科を環境技術科に改編 
平成23年4月1日 みやぎ環境税事業指定(震災により延期)
平成23年5月20日 機械科実習棟完成

平成24年3月

農業経営科閉科
平成24年3月22日 製図室解体,第二農場農場管理実習室解体
平成24年4月1日 県立学校クリーンエネルギー利活用実践推進事業(みやぎ環境税事業)指定(24~25年度)
平成25年3月19日 第二農場収納調整室解体,ポンプ小屋解体,実習田コンクリート枡撤去
平成25年3月27日 第二農場借用地(26,538㎡畑)大和町へ返還
平成25年9月1日 みやぎクリーンエネルギー利活用事業による太陽光発電システム運用開始